上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 | English |

博物館開館時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

博物館休館日
4月~11月は毎月第4水曜日。
12月~3月は毎週月曜日。
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

2019(平成31)年度
休館日カレンダー(pdf)

文化ホール休館日
毎週月曜日
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

Yonezawa City Uesugi Museum

特別展 「戦う上杉氏」

展覧会一覧へ戻る

会期:2003.4.19(土)~5.25(日)

「川中島合戦図屏風」「長谷堂合戦図屏風(複製)」やそこに登場する直江、長尾、栗林、坂田、芋川各氏の甲冑。上杉謙信が上洛した際、謁見した正親町天皇から拝領した五虎退の短刀などにより勇壮な戦国大名上杉氏と家臣団について紹介し、武田信玄・徳川家康との戦いを展示で表現します。また、「直江状写」など伝来・伝承の証拠ともなる古文書等によって歴史的事実を探求してもらう機会ともなればと思います。


米沢本川中島合戦図屏風より
上杉謙信と武田信玄の一騎打ちの場面



素懸浅葱糸威五枚胴具足(栗林家伝来)

米沢本 川中島合戦図屏風左隻



米沢本 川中島合戦図屏風右隻

直江状写





■講演会 4月26日(土)14:00~
 
「合戦図屏風にみる上杉氏の戦い
 ―米沢本 川中島合戦図屏風を中心に―」


■主な出品資料

絵 画
国宝上杉本洛中洛外図
(原本は5月5日まで)
川中島合戦図屏風
長谷堂合戦図屏風(複製)
武器・武具
重要文化財 長巻 無銘 伝則包
短刀 銘 吉光(号五虎退)
短刀 無銘 (号 瓜実)
黒漆皺革塗鞘革巻太刀拵
素懸金茶糸威最上胴具足(直江兼続所用)
鉄錆色塗腰紺色威二枚胴具足
                   (芋川氏所用)
紫茶糸威具足(長尾氏所用)
素懸浅葱糸威五枚胴具足(栗林氏所用)
紺糸威二枚胴具足
(米沢藩七代藩主上杉宗房所用)
紺糸威腹巻
(伝米沢藩九代藩主上杉鷹山所用)
軍旗「毘」
軍旗「龍」
軍旗「紺地日の丸
重要文化財 はぐま毛陣羽織

古文書
国宝上杉家文書 大館晴光書状
国宝上杉家文書 鉄砲薬之方并調合次第
国宝上杉家文書 歴代年譜「謙信公」
国宝上杉家文書 足利義輝御内書
直江状写
伝国の辞袖控

料 金

種別
特別展
常設展と特別展とのセット券
一 般
400円(320円)
600円(480円)
高校・大学生
300円(240円)
400円(320円)
小・中学生
200円(160円)
250円(200円)

※(  )内は20名以上の団体料金です。