上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 |

| English |

| 中文(繁体字) |

| 中文(簡体字) |

| 한국어 |

博物館開館時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

博物館休館日
4月~11月は毎月第4水曜日。
12月~3月は毎週月曜日。
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

2019(平成31)年度
休館日カレンダー(pdf)

文化ホール休館日
毎週月曜日
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

Yonezawa City Uesugi Museum

特別展 没後50年 愛情の画家  椿 貞雄

展覧会一覧へ戻る


名称 特別展「没後50年 愛情の画家  椿 貞雄」
会期 前期 平成20年9月27日(土)~10月26日(日)
後期 平成20年10月29日(日)~11月30日(日)
休館日
 
10月22日(水)、27日(月)、28日(火)、
11月26日(水)
料金  こちら をご覧ください。
共催 山形美術館



本県近代絵画の先駆者。
その写実力は、師・岸田劉生をしのぐ。

1896年(明治29年)、米沢市上花沢仲町(現在の東3丁目)に生まれた椿貞雄は、1914年(大正3年)に画家を志して上京。画家、岸田劉生(きしだ・りゅうせい)と運命的な出会いを果たします。白樺派のヒューマニズムに影響を受けた劉生は「油絵という西欧伝来の画法を用いて日本人の心を描く」という理想を抱いており、椿はその理想に共鳴し、ともに草土社(そうどしゃ)の創立に参加しました。草土社を舞台に彼らは、写実を通して精神的な「内なる美」の表現を目指す、独自の美術運動を展開しました。劉生亡き後、椿はその理念の正当な継承者となります。自らの言葉「画道精進(がどうしょうじん)」に象徴されているように、61歳の生涯を閉じるまで、日本人の油絵を描き、写実の道を追及し続けました。
戦後、孫に囲まれた平和な暮らしが訪れると、それまでの重厚な色調に明るい大らかさが加わるようになりました。家族への愛情の中に新しい表現を見出したのでしょう。義兄である白樺派同人、長與善郎(ながよ・よしろう)は、椿が描いた愛情あふれる家族の肖像に対し、「愛情の画家・椿」という一文を草しました。そうした椿の暮らしぶりは彼の日記にも遺されています。
本展では、草土社時代の新出作品や周辺資料を含め、約100点を展示し、白樺派の影響や椿にとっての劉生の存在などを探りながら、椿貞雄の芸術とは何かを再評価していきます。

椿 貞雄
(1896~1957)



■講演会

「椿貞雄とその周辺」
日時 11月3日(月・祝)14:00~16:00
講師 村山 鎮雄 氏(元茅ヶ崎市美術館長)
会場 伝国の杜 2階大会議室
費用 入場無料


■ギャラリートーク

オープニングギャラリートーク
「椿貞雄と岸田劉生」
日時 9月27日(土)10:00~11:00
解説 当館学芸員  花田 美穂
場所 企画展示室
「椿貞雄と油彩画」
日時 10月18日(土)14:00~15:00
解説 当館学芸員  花田 美穂
場所 企画展示室
「愛情の画家椿貞雄」
日時 11月22日(土)14:00~15:00
解説 当館学芸員  花田 美穂
場所 企画展示室
※いずれもお聞きになるには特別展入場券が必要です。


■ワークショップ

おとなの鑑賞時間「油彩画発見 -椿貞雄の油彩画の魅力-」
 日時 10月10日(金)19:00~
 場所 企画展示室
 参加費 500円
 対象 高校生以上
 定員 20名


■主な出品資料
「赤土の山」1915年
(個人蔵)
「彩子デッサン」1950年頃
(個人蔵)
「雪国の少女」1918年
(米沢市上杉博物館蔵)
「蕪にくわい」1926年
(個人蔵)
「壺(白磁大壺に椿」1947年
(米沢市上杉博物館蔵)
「八重子」1918年
(個人蔵)
「孫二人」1956年
(米沢市上杉博物館蔵)
「自画像」1915年
(米沢市上杉博物館蔵)
岸田劉生「椿君に贈る自画像」
1914年(東京都現代美術館蔵)





料 金

本展では、前期・後期のどちらかを一度だけ見ることができる【前・後期単独】チケットと、前・後期の両方を一度ずつ見ることができる割安な【前・後期共通】チケットの2種類を販売しております。

料金に関して不明な点はお気軽にお問い合わせください。
TEL:0238-26-8001


【特別展のみの場合】
種 別
特別展
【前・後期単独】
特別展
【前・後期共通】
一般
400円
(320円)
600円
(480円)
高校・大学生
300円
(240円)
400円
(320円)
小・中学生
200円
(160円)
250円
(200円)
【常設展と特別展をご覧になる場合】
種 別
常設展・特別展セット
【前・後期単独】
常設展・特別展セット
【前・後期共通】
一般
600円
(480円)
800円
(640円)
高校・大学生
400円
(320円)
500円
(400円)
小・中学生
250円
(200円)
300円
(240円)
( )内は20名以上の団体料金です。


◆おしらせ◆

本展前期期間(9月27日~10月26日)と同じ会期で、国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本特別展示を開催いたします。
この機会にぜひあわせてご観覧ください。