上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 | English |

博物館開館時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

博物館休館日
4月~11月は毎月第4水曜日。
12月~3月は毎週月曜日。
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※2019年3月11日(月)は
特別開館
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。
2018(平成30)年度
休館日カレンダー(pdf)

文化ホール休館日
毎週月曜日
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

Yonezawa City Uesugi Museum

「-わたし自身の肖像-鈴木実木彫展」

展覧会一覧へ戻る

企画展示 2002.11.23(土)~12.23(月・祝)

山形県高畠町出身である彫刻家・鈴木実(1930-2002)は、初期の具象から抽象を経て、社会派とよばれる木彫の大作を発表しつづけてきました。今夏亡くなるまで、「私自身とは」ひいては「人間の存在とは」何か、ということを強く問い続けながら制作を行っていました。本展覧会では、初期から絶作まで代表的な作品を展示し、鈴木氏の問いかけを発し、皆様それぞれの答えとなるものを感じていただきたいと思います。



「或る朝、そしてバラの影、そして交信」/1969




「家族の肖像Ⅱ」/1984(相生森林美術館寄託)



出品作品
              
「少女の首」1954
「首A」1958(いわき市立美術館)
「人」1959
「寝具」1966(山形美術館寄託)
「或る朝、そしてバラの影、そして
交信」1969
「妻と私の肖像」1978(「妻」のみ 高畠町文化ホールまほら)
「私自身の肖像」1979
「妻の肖像」1979(いわき市立 美術館)
「家族の肖像Ⅱ」1984(相生森林美術館)
「存在のし方-Mの肖像」1986
「妻の肖像Ⅱ」1993(いわき市
「無明の淵からの メッセージ・K」2002


講演会 
2002.11.23(月・祝)15:30~
2階大会議室
講師:佐藤繁氏
「鈴木実氏を語る」
ワークショップ
2002.12.7(土)13:30~

体験学習室
「くっつきコーンで大動物園」
次回展覧会
「上杉家文書の世界-戦国を
生き抜いた上杉氏」
2003.1/8(土)~3/16(日)


「私自身の肖像」/1979




「無明の淵からのメッセージ・K」/2002