上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 |

| English |

| 中文(繁体字) |

| 中文(簡体字) |

| 한국어 |


Yonezawa City Uesugi Museum

展覧会一覧へ戻る

開館20周年記念特別展 「狩野派 永徳とその周辺」


狩野派バナー


ご来館の方へのお願い をご確認ください。

会 期:2021年8月7 日(土)~10月10日(日)
            前期:8月7日(土)~9月5日(日)
            後期:9月11日(土)~10月10日(日)
休館日:8月25日(水)、9月22日(水)
主催 米沢市上杉博物館
料 金:こちらをご覧ください。


 この展覧会では、米沢市上杉博物館開館20周年を記念して、当館を代表する収蔵品の一つである国宝「上杉本洛中洛外図屏風」をはじめ、戦国時代から桃山時代の狩野派の代表的作品を展示し、その魅力にふれる機会とし、さらに狩野派の展開、永徳の画業、そして時代の動向や価値観などを紹介します。
 前期展示では、花鳥図や人物図などを中心に展示し、父祖正信・元信らからの狩野派の展開などをふまえ、大作も含めた永徳の画業の全体像にふれていきます。また、画題にも着目し、時代の動向や価値観に迫ります。
  後期展示では、洛中洛外図屏風の成立につながる風俗画の視点から狩野派を中心とした作品を紹介します。描かれる人々の姿や、その場所に着目し、漢画的要素や大和絵的要素などにも注意しながら、狩野派の展開をみていきます。
 この展覧会は、必ずしも網羅的に作品を集めたとはいえませんが、この時代の優品の中の優品をご覧いただける機会になっています。出展して下さったご所蔵者のご厚意に感謝申し上げますとともに、米沢の地でそれらをじっくりと鑑賞していただければ幸いです。



■展示構成


【前期】あこがれの世界へ
  1、理想郷のすがた
  2、詩文と理想の小世界

【後期】人々への視線
  1、洛中洛外に躍動する人々
  2、京都をめぐる小世界



■講演会「狩野派の繁栄ー元信から永徳へー」

 

 2021年8月28日(土)14:00~16:00 伝国の杜2階大会議室 
 山本英男氏(嵯峨美術短期大学教授)
 参加無料(要事前申込、8月2日(月)から受付開始) 定員先着80名  



■ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)


 当館学芸員:阿部哲人 
 ①8月7日(土)17:15~ 定員先着20名 
 ②9月4日(土)、③9月11日(土)、④10月9日(土)各9:15~  定員先着10名 
 ※企画展示室にて、要入館料
 ①②は7月12日(水)9時から、③④は8月9日(水)9時から受付開始 



■ファンクラブ事業 特別展「狩野派~永徳とその周辺~」特別鑑賞講座 

 

 2021年9月20日(金)16:00~18:00  伝国の杜2階大会議室・企画展示室にて
 8月3日(火)より受付開始  定員最大50名程度
 ※伝国の杜ファンクラブ会員の方が対象となります。  



■主な展示資料




【前期】
 国宝・檜図屏風/狩野永徳(東京国立博物館蔵)
 松に叭叭鳥・柳に白鷺図屏風/狩野永徳(九州国立博物館蔵)
 真山水図/狩野元信(京都国立博物館蔵)
 観瀑図扇面/狩野正信(京都国立博物館蔵) ほか

【後期】
 国宝・観楓図屏風/狩野秀頼(東京国立博物館蔵)
 重要文化財・歴博甲本洛中洛外図屏風(国立歴史民俗博物館蔵)
 釈迦堂春景図屏風/狩野松栄(京都国立博物館蔵)
 洛外名所遊楽図屏風/狩野永徳  ほか


芦雅図扇面
芦雁 図扇面
(東京国立博物館蔵)【前期】

金閣
京名所図扇面(金閣寺)
 (東京藝術大学大学美術館蔵)【後期】
釈迦堂
釈迦堂春景図屏風
 (京都国立博物館蔵)【後期】
周茂叔
〔国宝〕周茂叔愛蓮図
 (九州国立博物館蔵)【後期】
  
四季花鳥
四季花鳥図屏風 左隻(泰巖歴史美術館蔵)【前期】


仙人高士
    〔重要文化財〕仙人高士図屏風 右隻(京都国立博物館蔵)【前期】



       国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示


            期間 9月11日(土)~10月10日(日)



      


料 金

種 別
特別展
一般
800円(640円)
高校・大学生
500円(400円)
小・中学生
300円(240円)
( )内は20名以上の団体料金です。


伝国の杜・ナセBA連携企画 青少年・こどもの「まなび」応援

図書館利用者カード割引


 市立米沢図書館の利用者カードを米沢市上杉博物館で提示すると、
常設展・企画展とも入館料が割引になります(小学生~大学生対象。団体割引適用)。

市立米沢図書館のホームページは 
こちら をご覧ください。