上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 |

| English |

| 中文(繁体字) |

| 中文(簡体字) |

| 한국어 |

博物館開館時間
  9:00~17:00
(入館は16:30まで)

博物館休館日
4月~11月は毎月第4水曜日。
12月~3月は毎週月曜日。
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

2020(令和2)年度
休館日カレンダー(pdf)

文化ホール休館日
毎週月曜日
(月曜日が休日の場合は
その直後の平日)
※年末年始休館があります。
※臨時休館があります。

Yonezawa City Uesugi Museum

(2020.08.31)
新型コロナウィルス感染症感染拡大防止対策のため、今年度の企画展のスケジュールが大幅に変更されております。何卒ご了承ください。(2020/08/31現在の予定です。状況により変更の可能性もあります。)最新の情報は当ホームページで随時お知らせしてまいります。
ご来館の方には通常とは異なるお願い(マスク着用、手指の消毒など)をしておりますのでご理解の上、ご協力をお願いいたします。

 

2020年度 米沢市上杉博物館展覧会スケジュール

新型コロナウィルス感染拡大に伴う変更があります

上杉博物館では展示の4本柱をベースに展覧会を開催しています。

■米沢ゆかりの上杉に関連する展示
■教育普及的な展示/体験型展示や、地元ではなかなかみることのできない内容の展示
■市民の財産としての博物館資料を公開する展示
■調査・研修の成果を展示
◆上杉文華館 来館者から多くのニーズがある国宝上杉本洛中洛外図屏風(複製)を常設しています。




会 期
展覧会名
内 容
【変更】
5月23日(土)~6月21日(日)
休館日:5/27(水)
 戦国武将として有名な上杉謙信は、米沢の上杉神社の神として祀られています。謙信は新潟を中心に活動し、米沢に来たことはありませんが、米沢に移った子孫によって大切にされてきました。その謙信がどのような人生を送ったのか。特に関東地方での活動を中心に紹介します。新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館しておりました影響により、展示の内容を変更して開催いたします。
【企画展・常設展一体型です】
【変更】
6月27日(土)~8月2日(日)
⇒2021年
2月6日(土)~3月21日(日)
に変更いたします。
企画展 138億光年宇宙の旅
 NASAの惑星探査機や宇宙望遠鏡などがとらえた膨大な情報から美しく壮大な画像を紹介する写真展。すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など日本の国立天文台の関連画像も併せて展示し、アート作品のように美しい宇宙の写真を通して、宇宙の神秘と謎、そして奇跡の星・地球の姿に迫ります。
【変更】
8月8日(土)~9月13日(日)
⇒今年度の開催は中止いたします。(2022年度に開催予定)
企画展
米沢市上杉博物館×綴プロジェクト
日本画をたのしもう
~高精細複製が語る名品の世界~
 「綴プロジェクト」は文化財の保存と公開を目指して高精細複製品による日本美術の普及を推進する社会貢献活動です。当館の国宝上杉本洛中洛外図屏風はその重要性からプロジェクトの最初の作品に選ばれ、高精細複製品による出前授業を活発に展開しています。本展ではプロジェクトによる高精細複製の名品を露出展示し、日本人の生活の中に溶け込んでいた日本絵画を体感しながらその魅力をたのしく発見していただきます。
【特別協力:キヤノン株式会社 協力:特定非営利活動法人 京都文化協会】
前期
9月19日(土)~10月18日(日)
後期
10月24日(土)~11月23日(月・祝)
休館日:9/23、10/28(水)
 現在、上杉神社や当館がある場所は、米沢城のあった場所です。絵図や絵画、近代の写真類も展示し、現在につながる米沢城の歴史、城としての構造や特徴、政治の場としての機能、明治時代以降の神社、官庁街、史跡公園の変化など、身近な場所の変化なども紹介します。
【企画展・常設展一体型です】
12月12日(土)~2021年1月24日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月26日~2021年1月1日)
コレクション展
米沢藩 武士たちの行列(仮題)
 大名行列は、多くの人々から構成された大規模な行列でした。財政的にも厳しい状況の中で、行列はどのように構成されたのか。江戸時代をとおして衆目を集めてきた大名行列の裏側を、初公開資料を中心にご紹介します。
【変更】
今年度の開催は中止いたします。(2022年度に開催予定)
コレクション展
米沢市上杉博物館アートコレクション
女性像の世界/いま見せたい!
Curator's choice(仮題)
 当館所蔵の美術コレクションの中から、第一部では「女性像」をテーマに、制作された時期や社会環境とのかかわり、隠された意味、作家の心情などを交えて紹介。第二部では、初公開資料を中心に「Curator's choice」としてセレクトした作品を展示します。

※展覧会名は変更となる場合がありますのでご了承ください。

【終了】令和2年度 国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

春:2020年5月23日(土)~6月21日(日)【終了】


秋:原本展示はありません。


※令和2年度に、当館におきまして国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示いたしますのは上記期間のみです。それ以外の期間は複製を展示いたします。