上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設。
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 | English |


Yonezawa City Uesugi Museum

展覧会一覧へ戻る
企画展

今泉篤男と美術

 ひたすらに己の眼と言葉を信じ 美術評論家・美術館人として歩んだ生涯



会  期:2023年7月8日(土)~8月20日(日)
休  館 日:7月26日(水)  開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 
主  催:米沢市上杉博物館 
料  金:一般490(390)円 高大生340(270)円 小中生240(190)円 ※()内は20名以上の団体
特別協力:東京国立近代美術館
助  成:公益財団法人朝日新聞文化財団
    



 今泉篤男(いまいずみあつお 1902~1984 米沢市出身)は、戦前から評論活動をスタートし、国内外の美術工芸に関する幅広い分野を対象とした美術評論家です。一方で、東京国立近代美術館初代次長、京都国立近代美術館初代館長を勤めた美術館人でもありました。国立美術館の仕事のほか、資生堂ギャラリーをはじめとする多くの美術館運営に関わり、評論家としては1950年代に日本の「近代絵画」をめぐる問題提起が「今泉旋風」を巻き起こすなど、今日でも美術界全体に今泉の足跡をみることが出来ます。本展では、今泉篤男の遺した多彩な仕事を、ゆかりの作家の作品と今泉の言葉を通して紹介します。

■展示構成と主な作品

 


第一章 生い立ち 米沢・山形での学生時代     第二章 東京帝国大学~留学 初期の評論活動

      
椿貞雄《赤土の山》1915年              前田寛治《裸婦》 1925年

油彩・キャンバス 草土社第2回美術展覧会         油彩・キャンバス 東京国立近代美術館所蔵
米沢市上杉博物館所蔵   

 

第三章 美術批評家 今泉篤男の誕生        第四章 美術館人として 美術評論家として


                   

ピエール=オーギュスト・ルノワール         岡鹿之助《鐘楼》1974年 油彩・キャンバス
《赤いブラウスを着た花帽子の女》          資生堂アートハウス所蔵  
1914年 油彩・キャンバス 
吉野石膏美術振興財団所蔵



第五章 工芸への情熱                             第六章 ゆかりの作家たちと郷里へのまなざしと

         

加守田章二《壷》 1979年               福王寺法林《落葉》1958年 紙本着色 個人蔵
資生堂アートハウス所蔵                ©FUKUOJI HORIN,JASPAR ,Tokyo,2023 E5201



◆ギャラリートーク ※申込不要
   担当学芸による展示解説
   7月8日(土)14:00~  企画展示室(要企画展入館料)

講演会 ※要申込
  「今泉篤男先生と父法林の思い出」   講師:福王寺一彦氏(日本芸術院会員/日本美術院同人)
   7月15日(土)14:00~15:30   伝国の杜2階大会議室 定員120名 聴講無料
   申込受付開始 6月6日(火)9:00~(申込TEL:0238-26-8001)

◆ナイトツアーようこそ夜の博物館へ 「〈今泉篤男と美術〉をみる」 ※要申込
  夜の展示室で展覧会をじっくり鑑賞します。
  7月28日(金)19:00~20:30   対象:どなたでも20名(中学生以下は保護者同伴)
  申込受付開始 6月28日(水)9:00~(申込TEL:0238-26-8001)


料 金

種 別
企画展
常設展・企画展
セット券
一般
490円
(390円)
700円
(560円)
高校・大学生
340円
(270円)
450円
(360円)
小・中学生
240円
(190円)
300円
(240円)
( )内は20名以上の団体料金です。



当館についての情報は、下記サイトからもご覧になれます。
アイエム「インターネットミュージアム」:米沢市上杉博物館
※ユーザー登録すると、展覧会などの感想を書き込むことができます。




伝国の杜・ナセBA連携企画 青少年・こどもの「まなび」応援

図書館利用者カード割引


 市立米沢図書館の利用者カードを米沢市上杉博物館で提示すると、
常設展・企画展とも入館料が割引になります(小学生~大学生対象。団体割引適用)。

市立米沢図書館のホームページは 
こちら をご覧ください。

   

131imaizumi 131imaizumi 131imaizumi.